"新良式"データ馬券ブログ

雑誌『競馬最強の法則』(2015年11月号)でメディアデビューした馬券師・新良武志のブログです。現在は『競馬の天才!』にて活動中。競馬予想のヒントになるデータや情報、新良武志の馬券に対する考え方などを随時お伝えしていきます。

みなさん、こんにちは。新良武志です。
先週のメルマガはしっかり結果を出すことができました。
土日で計6頭推奨し、1着1回3着2回。
単勝回収率は240.0%、複勝回収率は133.3%でした。
イマイチだった1週前からの巻き返しを果たせてホッとしております。
今週はさらに数字を伸ばせるように頑張ります。

さて、先週の当ブログでクローズアップした福永騎手。
落馬によるケガで長期戦線離脱となってしまいましたね。
競馬にアクシデントは付き物ですが、本当に残念です。
早く万全の状態で復帰し、変わらぬ雄姿を見せてほしいと思います。
これにより、先週お伝えした福永データがしばらく使えなくなりました。
次なる馬券のヒントになる情報を用意しますので、しばしお待ちください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん、こんにちは。新良武志です。
お待たせしました。今回は福永騎手の買い条件を紹介します。
ただし、週末は予想に時間を割きたいので、
細かい解説は割愛し、結論のみをお伝えします。ご了承ください。
(それでも、予想の参考にはなると思います)
※数字は左から勝率・連対率・複勝率・単回値・複回値

■2番人気
20.9% 40.6% 56.4% 86 94

1番人気よりもプレッシャーから解放される
2番人気のほうが伸び伸びと騎乗できるようです。

■1000万下
16.4% 29.8% 40.4% 98 93

穴馬を持ってくるケースが目立ちます。
未勝利、500万下もまずまずです。

■阪神芝1400m
21.5% 36.7% 45.6% 138 112

手の内に入れている、というより、極めている、という印象。
人気馬も穴馬もなんでもござれです。

これ以外にも好走条件はいくつもありますが、
焦点がボケて勝負しづらくなってしまいますので、
今回紹介した代表例をまずは押さえておきましょう。
福永騎手で勝つ! ぜひこれにトライしてみてください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん、こんにちは。新良武志です。
前回の記事で福永騎手に対する印象が変わった方もいると思います。
繰り返しますが、「馬券的には頼れる存在」というのが私の結論です。
ただ、全レースに手を出していいわけではありません。
総じて成績は優秀ながら、彼にも得意条件と不得意条件があります。
まずは、あまり得意としていない条件を見ていきましょう。

福永騎手に対するイメージのひとつに「大舞台で弱い」
というものがあると思います。
前回、世間のイメージに対してさんざん反論しましたが、
これだけはけっこう的を射ているかもしれません。
GⅠ、GⅡでは、勝ち切れないレースが目立ち、
GⅢ以下に比べ、ガクンと数字が落ちるのです。
福永騎手の全体成績に対するGⅠ成績は下記の通り。
※数字は左から勝率・連対率・複勝率・単回値・複回値

全体 15.7% 29.6% 40.8% 78 84
GⅠ 4.5% 14.9% 20.9% 35 74

全体よりも好走率は約半分。回収値も大きく下回っています。
GⅠほどではないにしろ、GⅡもあまり振るいません。

GⅡ 10.6% 25.8% 37.9% 63 78

大舞台になるほど勝ち切れない競馬が多くなるので、
GⅠ、GⅡで単系馬券を買う際は注意したほうがいいでしょう。

また、内弁慶の部分もあるようで、関東圏の競馬場ではイマイチ、
地元の関西圏の競馬場では活躍、という傾向が見て取れます。
複勝率ならびに複回値を比べるとその差はハッキリ。

(複勝率)
東京36.4% 中山37.0% 新潟38.7% 福島38.5%
京都40.3% 阪神42.0% 中京45.1%

関東のオール40%未満に対し、関西はオール40%超え。

(複回値)
東京81 中山79 新潟78 福島74
京都82 阪神89 中京88

期待値にもこれだけの差があります。
福永騎手は関東圏のレースと関西圏のレースで
見せるパフォーマンスの質が変わる、と覚えておきましょう。
とくに、東京のダートは好走率、期待値とも低空飛行。
言うまでもなく、一枚評価を割り引くのがベターです。

次回は一転、買える条件に迫ります。(その3に続く)
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ