■2019年4月6日

★★注目メインレース(1)★★

阪神11R 阪神牝馬S 発走15時35分

◎(12)ミエノサクシード
○(4)ラッキーライラック
▲(6)カンタービレ
△(1)サラキア
△(14)アマルフィコースト
△(8)ミッキーチャーム
△(10)レッドオルガ
△(5)クロコスミア

今回と同じ阪神芝1600mで行われたポートアイランドSを制しているミエノサクシードの一発を狙う。この馬は阪神コースで4勝を挙げている舞台巧者であり、2度目の重賞挑戦となった昨年の同レースでも6着に好走している。昨年は昇級初戦の身だったが、その後オープン特別を勝利し、実力を付けた状態で今年のレースに出走してきた。鞍上の川島騎手は新馬戦からこの馬に騎乗してきており、誰よりもこの馬のことを知っている。2018年以降に限れば、同コースにおける同騎手は勝率25.0%と成績面にも不満はない。今回は大きなチャンスだ。

(結果)
1着 △(8)ミッキーチャーム (4人気)
2着 △(14)アマルフィコースト (12人気)
3着 ◎(12)ミエノサクシード (9人気)

3連複 (8)(12)(14) 149,940円



■2019年1月20日

中山11R AJCC 発走15時45分

◎(8)シャケトラ
○(7)ステイインシアトル
▲(1)ジェネラーレウーノ
△(5)ダンビュライト
△(11)サクラアンプルール
△(4)フィエールマン
△(10)メートルダール

思いがけないかたちで、鞍上強化となったシャケトラの運に賭けてみたい。この馬はもともと戸崎騎手での出走を予定していたが、病気のため石橋騎手に乗り替わりとなった。急遽バトンを託された石橋騎手は、中山芝2200m戦はとにかく得意で、勝率は17.4%と高い数値を誇る。土曜のレースでも3着に好走していたように、ここでは上位騎手の一角を形成しているのだ。馬は今回、1年以上の休養明けとなるが、力を出し切れば上位争いに加われるだけの実力の持ち主。明け4歳の2頭は強力だが、コース巧者の石橋騎手がなんらかの手を打ってくれることに期待したい。

(結果)
1着 ◎(8)シャケトラ (7人気)
2着 △(4)フィエールマン (1人気)
3着 △(10)メートルダール (5人気)

単勝 (8) 3,850円
馬連 (4)(8) 2,820円
馬単 (8)(4) 11,590円
3連複 (4)(8)(10) 11,560円
3連単 (8)(4)(10) 123,550円



■2019年7月21日

中京7R 3歳以上1勝クラス 発走13時25分

◎(14)ダイメイギンガ
○(11)サルトアトランテ
▲(4)ラタンドレス
△(13)タガノブディーノ
△(7)ダノンコスモス
△(3)レッドシャーロット
△(2)アナスタシオ
△(5)ナムラマッチェリ

距離を戻して良さが戻りそうなダイメイギンガを本命に推す。ここ3戦は1200m戦を使われ馬券に絡むことができなかった。しかし、それ以前を見てみると1400m戦で馬券圏内を7戦連続で外していない。つまり、距離延長で得意距離になる今回が狙い目になるのだ。鞍上の松若騎手は中京ダ1400mにおいて勝率8.1%で、勝利数はメンバー中3位となっており、テン乗りも問題ない。

(結果)
1着 ◎(14)ダイメイギンガ (8人気)
2着 ▲(4)ラタンドレス (14人気)
3着 △(3)レッドシャーロット (3人気)

単勝 (14) 2,830円
馬連 (4)(14) 75,870円
馬単 (14)(4) 136,090円
3連複 (3)(4)(14) 127,090円
3連単 (14)(4)(3) 1,100,220円