いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます。
管理・運営を担当している“新良式”データ馬券事務局です。

二週ぶりの報告になりますが、二週連続で新良氏がやってくれました。
さっそく振り返っていきましょう。

◆キャピタルS
直近でもっとも大きな的中となったのがキャピタルS。
3番人気でムーア騎手鞍上のレッドヴェイロンを本命に指名。
結果は2着でしたが、相手に拾った△ドーヴァーが1着。
注目なのが、3着に入った対抗の○サトノフェイバー。
ドーヴァーが7番人気、サトノフェイバーはなんと12番人気でした。
3連複では94.190円の配当をお届けしております。

◆ジャパンC
このレースはマーフィー騎手に乗り替わったスワーヴリチャードを本命に推奨。
東京芝2400mで安定感を見せていた鞍上を評価しただけでなく、枠順や道悪の馬場、ローテーションまで見事に読み切っての本命推奨はお見事としか言えません。
まるで予言のような予想文には事務局一同も感動を覚えたほどでした。
(予想文はメルマガ下部にて)

◆チャレンジC
こちらはルメール騎手に乗り替わりとなったロードマイウェイが本命でした。
ここでの注目は「2カ月前からルメール騎手の騎乗が決まっていた」点でしょう。
名手がそれほどに惚れ込んだ馬。5連勝で重賞制覇を達成は必然だったのかもしれません。
そこを予想に組み込んでの的中となりました。

~まとめ~
年末にかけて多くの外国人騎手が来日していますが、それらを見事なまでに使い分ける新良氏。
「彼らにも得意不得意がある。それを考慮して予想に反映させているだけ」とのことでした。
単純に外国人騎手を本命にするだけでなく、あえて日本人騎手で的中を掴むことも少なくありません。
新良氏には「勝つ騎手が見えている」そう感じさせる表情でここ2週を振り返ってくれました。

11月は的中に的中が重なり、大幅な勝ち逃げを達成。
重賞における本命馬は、ほぼ2回に1回は勝利している状況です。
それでいて1番人気の勝利はタイセイビジョンの1度のみ。
先月の上旬の絶好調ぶりに事務局メンバーも驚いていたのですが、その勢いは衰えることなく走り切ってくれました。

この調子で年末まで駆け抜けてくれそうで、ワクワクが止まりません。
予想を参考に的中を掴んだ会員の皆様、本当に、本当におめでとうございました。
今週の新良氏にも期待しましょう!

まだ有料会員でないメルマガ読者様も、師走の競馬を新良氏とともに楽しみませんか?
会員詳細はメルマガ下部よりご覧ください。




■11/16(土) 京都11R アンドロメダS(L)

(結果)
1着 △(10)マイネルサーパス (4人気)
2着 ◎(12)フランツ (2人気)
3着 △(1)トリコロールブルー (1人気)

馬連 (10)(12) 2,280円
3連複 (1)(10)(12) 1,820円

~予想文~
内回りコースに変わって良さが出そうなフランツを狙う。
この馬の末脚が活きると思われた新潟記念では5着に完敗。2走前こそ速い上がりで勝利したが、基本的にスローの上がり勝負は不向きなタイプなのだろう。今回のメンバーは前に行きたい馬が多く、引き締まったペースになることが予想される。そうなればフランツの機動力が活きる展開になるはずだ。鞍上はコンビで2勝を挙げているM.デムーロ騎手に手戻りとなる。京都芝2000mにおける同騎手は勝率18.3%で勝利数ともにメンバー中トップ。内に入ったスミヨン騎手にマークが集中するはずなのでプレッシャーも少なく楽に運べるとみる。


■11/23(土) 京都6R 1勝クラス

(結果)
1着 △(16)モズエロイコ (4人気)
2着 ◎(11)レオンコロナ (5人気)
3着 △(15)ノイーヴァ (1人気)

馬連 (11)(16) 3,330円
3連複 (11)(15)(16) 4,920円

~予想文~
多少ペースが速くても前が有利な今の京都の馬場が合いそうなレオンコロナを狙い撃つ。前走はハイペースを早めに仕掛けたことで後続に差されてしまったが、この馬の競馬はできていた。今回のメンバーは前に行きたい馬も少なく、楽に道中を運べそうだ。引き続き手綱を取る和田騎手は京都ダ1800mにおいて勝率7.8%と好成績を残している。前走同様の競馬をすればいいだけであり、そうすればおのずと結果はついてくるとみる。


■11/23(土) 京都11R 京都2歳S G3

(結果)
1着 ▲(8)マイラプソディ (1人気)
2着 ◎(6)ミヤマザクラ (2人気)
3着 △(4)ロールオブサンダー (3人気)

馬連 (6)(8) 170円
3連複 (4)(6)(8) 310円

~予想文~
2000m戦で一気に良さを見せたミヤマザクラの連勝に期待したい。2戦目となった前走は2歳レコードを更新する走りを披露。重賞戦線で活躍した兄たちにように、この馬にもチャンスが巡ってきた印象だ。乗り替わりとなるマーフィー騎手は現状、京都芝での勝利は内回りコースのみだが、先週のマイルCSでは3着に好走し、徐々に外回りにも慣れてきているので、過剰に人気しない今のうちに美味しい思いをしておきたい。


■11/23(土) 東京11R キャピタルS(L)

(結果)
1着 △(15)ドーヴァー (7人気)
2着 ◎(4)レッドヴェイロン (3人気)
3着 ○(13)サトノフェイバー (12人気)

馬連 (4)(15) 5,840円
3連複 (4)(13)(15) 94,190円

~予想文~
ここは人気でもレッドヴェイロンで仕方がない。最近の東京の芝は、雨が降り続くと極端に前有利となるケースが多い。金曜日の雨の降り方からみて、土曜日は前に行ける馬にしか勝機は訪れないだろう。本命としたレッドヴェイロンは、ペースに左右されずポジションを取れ、終いはしっかりと伸びる馬。前走がハイペースだったこともあり、追走は楽になるはず。この悪条件下でも、問題なく走ってくれるだろう。鞍上のムーア騎手は東京芝1600mにおいて勝率30.0%をマーク。ルメール騎手からの乗り替わりとなるが、なんの心配もいらない。



■11/24(日) 京都10R 渡月橋S・3勝クラス

(結果)
1着 ◎(9)ボンセルヴィーソ (3人気)
2着 △(3)キアロスクーロ (6人気)
3着 △(4)トライン (1人気)

単勝 (9) 580円
馬連 (3)(9) 3,120円
馬単 (9)(3) 5,530円
3連複 (3)(4)(9) 2,550円
3連単 (9)(3)(4) 23,430円

~予想文~
右回りで一変を見せそうなボンセルヴィーソを狙い撃つ。これまでも左回りでは勝利経験がなかったように、近走の不振は左回りが影響していた可能性大。今回は右回りに変わるだけでなく、相性の良い京都となり、大幅な前進が見込める。再び手綱を取る松山騎手は京都芝1400mにおいて勝率10.0%、単勝回収率130%をマーク。休み明けを叩いて好走する得意パターンにも合致しており、今回が絶好の狙い目になる。



■11/24(日) 東京11R ジャパンC G1

(結果)
1着 ◎(5)スワーヴリチャード (3人気)
2着 △(1)カレンブーケドール (5人気)
3着 ▲(2)ワグネリアン (2人気)

単勝 (5) 510円
馬連 (1)(5) 2,900円
馬単 (5)(1) 4,810円
3連複 (1)(2)(5) 2,900円
3連単 (5)(1)(2) 19,850円

~予想文~
休み明けの前走を叩き台に前進が見込めるスワーヴリチャードに本命を打つ。昨年も天皇賞(秋)を叩いてジャパンカップで好走しており、前走はノーカウントと考えていい。今回はマーフィー騎手を確保し、大幅鞍上強化が叶ってレースを迎えることができた。東京芝2400mにおける同騎手は勝率50.0%をマークしており、現状は複勝率100%を誇る。適度な内枠や道悪を苦にしない点など、プラス材料が揃った今回ならば、大阪杯ぶりのG1勝利があっても不思議ではない。



■(土) 阪神11R チャレンジC G3

(結果)
1着 ◎(4)ロードマイウェイ (2人気)

単勝 (4) 470円

~予想文~
ルメール騎手に惚れられた馬であるロードマイウェイが本命だ。ここ2戦は先約があって騎乗できなかったものの、前走の勝利後すぐにルメール騎手でチャレンジCへ向かうことが発表された。2カ月も先の騎乗を約束するあたり、ルメール騎手には相当な自信があるのだろう。阪神芝2000mにおける同騎手は勝率16.1%と好成績を残しているように、乗り替わりも問題ない。距離延長を難なくこなせば、楽勝するシーンすら想像できる。



■(日) 中山9R 南総S・3勝クラス

(結果)
3着 ◎(9)ブラッククローバー (10人気)

複勝 (9) 660円

~予想文~※複勝のみの的中でしたが、人気薄のため掲載
ハンデを活かしたブラッククローバーの一発を狙う。前走は減量の効かない若手騎手を背に、12番人気ながら4着に好走。先行馬に不利な流れを4着に残したのは立派だったといっていい。今回はハンデ戦で2キロの恩恵を受けたうえに、鞍上強化も叶った。中山芝1200mにおける石橋騎手は勝率12.5%でメンバー中トップの成績。あらゆる条件が好転する今回は、馬券圏内に入るビッグチャンスになりそうだ。


★2019年11月の成績


★新良武志の"勝ち逃げ"予想申し込み

レース当日に会員様へメールで予想をお届けしております。
所定の手続きを金曜日15時までに完了いただければ、週末より配信いたします。