いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます。
管理・運営を担当している“新良式”データ馬券事務局です。

前回のメルマガ・ブログでお伝えした、新良氏のリアル帯封レポートはご覧いたきましたでしょうか。
先日のチャレンジCでゲットした模様を公開中です。


チャレンジCで絶好調の11月を締めくくった新良氏ですが、12月に入っても的中ラッシュは止まりません。
先週も終わってみれば8鞍配信して6鞍で的中。
勝ち馬こそ出なかったものの、的中させたすべてのレースで相手を拾いきる巧さを見せました。

的中が多かったので、いくつかピックアップして新良氏に振り返ってもらいましょう。

★黒松賞
3番人気のデンタルバルーンが本命でしたね。
この馬を評価する点としては、やはり前走の新馬戦。
予想文にも記載した通り、ここでは圧勝まであるとみていました。
単勝4.1倍はとても美味しい配当だったと思います。
今の2歳限定戦は指数を見ればある程度の絞り込みは可能です。

★阪神JF
圧倒的な人気を集めたリアアメリアですが、今年はG1で勝ち切れない中内田厩舎の所属馬。
結果論になりますが、世間が言うほど怪物だとは思っていませんでした。
前走のパフォーマンスは牝馬限定戦にしては「まぁまぁ強い」程度でしたし、能力指数も高くない。
よって、トップクラスの牡馬相手に大善戦意識したクラヴァシュドールを本命にしたわけです。
今回は馬場の有利不利が大きかったレースなので、次走以降の上げ下げもすでにイメージできています。
この世代の牝馬とはうまく付き合えそうです。


毎度のように驚かされる予言にも似た予想文。
カペラSも少しのズレはありましたが、ほぼ予想通りの展開でした。

新良氏には何かが見えているのか…!?
最近では絶好調と表現することすら違和感を覚えるほど。

新良予想に乗って的中をつかまれた会員の皆様、本当におめでとうございました。

令和元年の競馬もあと3週です。
今週も新良氏の予想を楽しみにお待ちください。


以下、先週の的中6鞍の予想文です。


■(土) 中山9R 黒松賞

(結果)
1着 ◎(5)デンタルバルーン (3人気)
2着 ○(4)プリンスチャーム (1人気)
3着 △(9)コスモカッティーボ (5人気)

単勝 (5) 410円
馬連 (4)(5) 560円
馬単 (5)(4) 1,390円
3連複 (4)(5)(9) 1,660円
3連単 (5)(4)(9) 7,090円

~予想文~
新馬戦の内容を評価してデンタルバルーンに本命を打つ。前走は好スタートを決めるとスムーズに先行し、最後の直線は手綱を抑える余裕を見せ完勝。まだまだ追えば伸びそうな手ごたえを残しての勝利だった。それが能力指数にも表れており、このメンバーに入っても2位となっている。乗り替わりとなる田辺騎手は中山芝1200mにおいて勝率11.4%で勝利数はメンバー中トップ。テン乗りも問題なく、2戦目でさらなる前進を見せるようなら、ここで圧勝してもなんらおかしくない。


■(土) 阪神9R エリカ賞

(結果)
1着 ▲(9)ヒュッゲ (3人気)
2着 △(6)チュウワノキセキ (5人気)
3着 ◎(3)ディアスティマ (2人気)

3連複 (3)(6)(9) 2,830円

~予想文~
新馬勝ちの内容を評価して、ディアスティマを本命に推す。前走は素質のみで勝ったような印象だったが、中距離の新馬戦にしては十分な能力指数が出ていた点は高く評価できる。まだまだ成長しそうな走りだったことからも、ここでもう一段階パフォーマンスを上げてくることは間違いないだろう。鞍上は引き続き北村友騎手で、馬のキャラクターを理解した様子のコメントが前走後にあった。阪神芝2000mにおける同騎手は勝率8.7%と好成績を残しており、この舞台に合った作戦を練ってくるはず。出世レースに唯一のディープインパクト産駒であり、しかもサンデーレーシングの高額募集馬なので、ここで負けたもらっては困るというのが正直なところだ。


■(日) 中山7R 1勝クラス

(結果)
1着 △(13)ヤウガウ (7人気)
2着 ◎(6)フルデプスリーダー (4人気)
3着 △(5)ショウナンマリオ (3人気)

馬連 (6)(13) 7,400円
3連複 (5)(6)(13) 13,520円

~予想文~
距離延長で一変を見せたフルデプスリーダーの連勝に期待する。デビュー戦3着から間隔をあけて挑んだ前走は、2着に4馬身差をつけ圧勝。今回は昇級戦となるが、ここでも能力指数は2位と高く、いきなり通用するレベルと判断できる。継続騎乗の叶ったM.デムーロ騎手は、中山ダ1800mにおいて勝率19.1%で、これはメンバー中トップの成績。香港でもG1でもない裏開催の中山では負けられないと思って騎乗してくるはずだ。


■(日) 中京9R 1勝クラス

(結果)
1着 △(3)ブルスクーロ (1人気)
2着 △(11)エイシンゾーン (6人気)
3着 ◎(12)カーサデルシエロ (5人気)

3連複 (3)(11)(12) 5,620円

~予想文~
舞台替わりでパフォーマンスを上げそうなカーサデルシエロを狙う。この馬はこれまで中京では、1勝2着2回と好走歴がある。近走はスプリント戦や右回りで結果が出なかっただけで、得意条件なら巻き返しは可能だ。手綱を任された藤井騎手は中京芝1400mにおいて勝率16.7%と好成績を残しており、テン乗りも問題ない。中京の芝は2週目に入って外伸び傾向で、この枠順もプラスに働くだろう。


■(日) 中山11R カペラSG3

(結果)
1着 △(7)コパノキッキング (2人気)
2着 ◎(12)テーオージーニアス (3人気)
3着 ○(14)シュウジ (7人気)

馬連 (7)(12) 900円
3連複 (7)(12)(14) 6,640円

~予想文~
展開がピッタリとハマりそうなテーオージーニアスの追い込みに懸ける。今回は逃げたいゴールドクイーンやコパノキッキングが人気を背負うメンバー構成。どの騎手も、これらを捕まえようと意識が前に向き、その結果ハイペースになることが予想できる。そうなればピタリと先行馬が止まり、ゴール前で様相が一変する展開になると読んだ。テーオージーニアスの前走は、先行馬の止まらない展開を唯一追い込んで2着に好走。今回は一気に突き抜けるとみる。鞍上はテン乗りとなる丸山騎手を確保したが、中山ダ1200mでは勝率8.0%、単勝回収率372%とハイアベレージをマークしているので、この乗り替わりプラスになると考えていい。


■(日) 阪神11R 阪神ジュベナイルフィリーズ

(結果)
1着 ▲(4)レシステンシア (4人気)
2着 △(9)マルターズディオサ (6人気)
3着 ◎(10)クラヴァシュドール (3人気)

3連複 (4)(9)(10) 8,560円

~予想文~
前走で強力な牡馬相手に好走したクラヴァシュドールを本命に推す。サウジアラビアRCでは、次週のG1で1番人気を背負うであろうサリオスと接戦を演じたように、秘めたる能力は相当高い。中内田厩舎にはリアアメリアもいるわけだが、わざわざ弱いほうを牡馬にぶつけるのだろうか。厩舎内での評価は、むしろこちらが上と考えてもおかしくない。引き続き騎乗する藤岡佑騎手は阪神芝1600mにおいて勝率7.4%とメンバー中上位の結果を残している。乗り手になんも問題はなく、前走同様の競馬をすれば、おのずと結果はついてくるだろう。


◆新良武志の"勝ち逃げ"予想申し込み

レース当日に会員様へメールで予想をお届けしております。
所定の手続きを金曜日15時までに完了いただければ、今週末より配信いたします。

◆2019年有料予想配信成績も更新しました(12/8現在)◆