■9/12(土) 紫苑S

(結果)
1着  (10)マルターズディオサ(5人気)
2着 ◎(18)パラスアテナ (10人気)

複勝 (18) 660円 ※参考


~予想文~
武豊騎手が3戦連続で騎乗するパラスアテナから入る。前走は牡馬相手に1番人気の支持を集め、不利な展開ながら4着と善戦した。そういった馬の力を認めているからか、武豊騎手が3連続で手綱を取る。これは期待の表れ以外の何ものでもなく、秋華賞へ向け権利を獲る騎乗をしてくる公算が高い。中山芝2000mにおける同騎手は勝率9.1%で、複勝率45.5%はルメール騎手に次ぐ2位の成績。名手の華麗なるエスコートに期待したい。



■9/13(日) 京成杯AH

(結果)
1着 ◎(10)トロワゼトワル (4人気)
2着 ▲(16)スマイルカナ (3人気)


単勝 (10) 720円
馬連 (10)(16)

~予想文~
コンビ復活で昨年の再現を狙うトロワゼトワルに期待する。前走は不利な展開と馬場状態だったにも関わらず2着に好走。着差以上に価値のあるレースぶりだった。春にはヴィクトリアマイルで4着だったように、マイル戦線では上位の存在と評価できる。今回は久しぶりに手綱が戻る横山典騎手は昨年勝利したときとの鞍上。人馬のコンタクトに不安はまったくない。稍重までなら道悪も苦にしないタイプなので、日曜の馬場も問題なくこなしてくれるだろう。