■9/19(土) 中京6R 1勝クラス

(結果)
1着 ◎(7)サウンドレベッカ (2人気)
2着 ○(3)タンジェリンムーン (1人気)
3着 △(13)ウィズダイヤモンズ (4人気)

単勝 (7) 420円
馬連 (3)(7) 790円
馬単 (7)(3) 1,550円
3連複 (3)(7)(13) 1,410円
3連単 (7)(3)(13) 6,990円

~予想文~
昇級初戦から通用しそうなサウンドレベッカを本命に推す。初勝利となった前走のレースレベルが高く、負かした馬たちは次走以降に3頭も勝ち上がった。それが能力指数にも反映されており、1勝クラスなら通用するだけの値を示している。乗り替わりとなる松山騎手は中京芝1800mにおいて勝率9.4%で単勝回収率は198%をマーク。2走前まで2戦続けて騎乗した経験があるので、今回の手替わりはまったく問題ない。



■9/20(日) 中山11R ラジオ日本賞

(結果)
2着 ◎(10)ロードアクシス (12人気)
3着 ○(5)バレッティ (3人気)

※参考 複勝670円 ワイド3110円

~予想文~
距離延長がプラスに作用しそうなロードアクシスを狙う。ここ3戦は1700mで苦戦したが、ダートでの勝利はいずれも1800mだったように距離延長が追い風となる。中山ダ1800mにおける大野騎手は勝率9.6%で、勝利数はメンバー中2位の好成績を記録。馬だけでなく騎手にとってもコース替わりがプラスに働くだろう。



■9/21(月) 中山11R セントライト記念

(結果)
1着 ◎(6)バビット (4人気)
2着 △(9)サトノフラッグ (1人気)
3着 ▲(7)ガロアクリーク (2人気)

単勝 (6) 590円
馬連 (6)(9) 1,460円
馬単 (6)(9) 3,090円
3連複 (6)(7)(9) 2,000円
3連単 (6)(9)(7) 12,600円

~予想文~
4連勝を狙うバビットに注目したい。逃げに脚質転換して以降、3連勝と結果を出し続けている。まだまだ前走をフロック視するファンも多く、配当面にも期待できそう。良馬場でも道悪でも関係ないタイプの馬というアドバンテージも活きてくるだろう。コンビ継続の内田騎手は中山芝2200mで勝率12.1%と優秀な数字を記録。今回も他馬を気にせず、自分の競馬に徹すれば、おのずと結果はついてくるはずだ。